パートナー事業者
キャリア採用
新ん泉
販売流通品目
エネルギー分野
1pxline
1pxline
SolarWall
HNK_site
関連情報リンク
ヒューマンネットワーク高専
全国高専ポータルサイト

パートナー事業者様内部資料

・遮熱・断熱塗料

・養殖サプリメント

・新ん泉

内部資料をご覧頂くにはパスワードが必要です。

著作者:株式会社PJT

更新日 2017年03月4日

役員プロフィール

代表取締役/事業企画推進・パートナー事業推進担当

尾上良明(おのうえ よしあき)

昭和46年、都城高専機械工学科卒業。プラントメーカーにてコンビナートの精油所重油脱硫装置プラント建設に従事。のちに広告代理店、制作会社を経てデザイン企画制作事務所を設立。

 HNK機関誌「赤とんぼ」編集委員長として第4号(1999年)から12号(2010年)まで制作を手掛けた。

 10年以上にわたる「赤とんぼ」編集活動と母校同窓会関東支部事務局長として同窓者との触れ合いに加え、毎年1万人もの高専OBOG定年退職者が輩出されていることから、全国各地に在住する高専卒業者の人財活用が必須と、有志の賛同を得て設立にこぎ着けたのがPJTである。2014年度までヒューマンネットワーク高専 事務局幹事を兼任。

 

事業企画推進担当取締役

横澤 由明(よこさわ よしあき)

昭和46年、長野高専機械工学科卒業。
卒業と同時に学校で学んだ道とは違う建設業の世界に飛び込み、土木・建築の設計・施工管理業に従事。長年の施工実績とともに1級施工管理技士・2級建築士その他各種の資格を有する。
 HNKの立ち上げ時より関わり、多くのOBとの交流を通じて高専人の活躍を見てきました。全国高専はすでに創立50年を契機に次の半世紀に向けた取り組みが始まっています。今後増々有益な人材育成を進めていく中で、我々OBが学校関係者とともに力を出し合い、地球規模での環境改善に関われることを期待しています。
 現在、長野高専地域共同テクノセンターを通じて、技術振興会へ参画させていただき各方面での自己研鑽を進めているところです。また、社会貢献活動として少年少女発明クラブ指導員(大町市で約10年)、長野高専同窓会理事(副会長)として微力ながら高専の発展に寄与できればと思っています。

 

「新ん泉」事業担当取締役

宮永 厚(みやなが あつし)

昭和44年、都城高専機械工学科卒業。

プラントメーカーに於いて開発・設計に従事。その後、外資系機械輸入商社および海外機械メーカーの日本法人営業部門マネージャーとして、主にドイツ・スイス・日本の機械メーカーとエンドユーザーの本社や工場を仲介 また、タイ・マレーシア・シンガポール及びインドネシアなど東南アジア市場の伸長に伴い、欧州および日本メーカーの製品の拡販と品質改善と維持を主目的とした業務提携にも参画。

 それぞれの製品売込み現場における書類全ての翻訳と交渉現場での通訳業務やハードなビジネス交渉等の経験実績を数多く積み上げてきた。

 その後の長期にわたる病気療養を経て、水機能改善装置「新ん泉」事業開始に伴い、九州エリアでの事業拠点立ち上げ要請に応えて宮崎営業所々長を兼任し、事業の普及と運営に取り組む。

 

ローカライズ事業担当取締役

宮下 和美(みやした かずみ)
昭和45年、長野高専機械工学科卒業。

上田市のマグネットメーカーにて、製鉄所における磁選機や圧延ラインの鋼板駆動ローラー、圧延鋼板リフティングマグネットなどの製造・SEを経て、商品設計に従事。転職後、勤務先の倒産により会社整理などを体験し、30歳にて土地家屋調査士事務所開業。住宅団地・工業団地の造成登記や工場の設置や処分での法律行為を業としており、業務内外に於いて、生活問題・境界紛争の解決や企業での地域のトラブル解決が得技。
 平成17年より親の農場を継ぎ、自然栽培果実による無添加ジャムの製造販売もしている。化学物質過敏症につき、化学薬品を使わない自然栽培の玄米による健康回帰に成功し、からだが元気になる自給自足の自然農場(2Ha)での生活スタイルを提案している。
 HNK事務局長を草創時より務めるも、家業多忙のため2012年6月総会にて事務局長を辞任。今後も引き続き、全国の高専及び高専人の橋渡し役をライフワークとする。弊社においては、独自の視点により地域ならではの事業の発掘、支援を目指す。