トピックス(話題)

週刊文春の記事と日本テレビ番組「スッキリ」の話題をご紹介します。


週刊文春記事(2018.7.12号)「今年は暑いぞ—熱中症を防ぐ家

病院の診察待ちで何気なく手に取った週刊誌の記事を見つけました。子供の頃、外で遊ぶときには日射病になるから帽子をかぶるようにと言われていたものですが、熱中症は屋内で起きる事例が多いようです。ところで、日射病・熱中症・熱射病の違いは?


日本テレビ番組「スッキリ」(2019.10.9)「エアコン下げて人件費4千万円減

室内温度を28℃から25℃に下げたことにより、作業効率が上がり,残業代が14%減った。冷房費用は上がったが、人件費の下げにつながったという市役所の話題がテレビで紹介されました。

温暖化対策として、国内では冷房費を削減するために温度を高めに設定することが啓蒙普及されていますが,ここではそんなことはお構いなく歓迎されているようです。何といっても、仕事効率には温暖化阻止よりも快適環境が優先されるという事例ですね。

 

「姫路の種」さんのホームページより転載

https://budou-chan.jp/topic-sukkiri-himejisiyakusyo/

 

【コメント】

「光熱費は7万円上がったが,人件費は約4000万円下がった」

庁舎が暑くて働きにくいのでは?と感じ、25℃設定にしたそうですが、情報としていただいた新聞の切り抜き(左)によると、残業が14%減り、職員の8割以上が「効率が上がった」と感じているそうです。来年以降も実施予定、との事。

そのことが、今日のスッキリでも取り上げられたそうです。」(新聞切り抜き写真はmakio.kikiさんの写真を転載)