窓ガラス用遮熱・断熱コーティング剤 塗布施工事例(1)

施工場所:某製薬会社(神奈川県)


室内は部外者立入禁止のため、室外より高所作業ゴンドラを操作しながら塗布します。南面の窓はベランダ側から塗布。

▲3階の窓は屋外から高所作業ゴンドラにて施工しました。内側ブラインドの色はグリーンでした。ガラスコート剤は微かな淡色グリーンですが、ここまで濃くはありません。喫茶コーナーは室内側から施工しました。

窓ガラス用遮熱・断熱コーティング剤 塗布施工事例(2)

施工場所:某大学建築学科准教授 W邸(東京都世田谷区)


工事はまず、4月下旬に一階部分のリビングと吹き抜けの天井部分の第一期、3ヶ月後の7月に地下書斎の二期に分けて行われました。

写真でお解りの通り、W邸は吹き抜け部分も総ガラス張りに近いデザイン住宅です。このため、夏場の暑さと冬場の冷えできるだけ緩和したいとの施工依頼でした。

リビングの東、北面を除く大部分の壁面を占めるガラス窓に塗布しました。吹き抜け部分は3方にガラス張り、特に西側の屋上の広い窓からは強い西日が射し込み、かなりの熱が籠もるため、これを解決したいというのが施工目的です。

第一期目の施工に際して、施主様はガラスコートだけの効果に疑心暗鬼でしたが、体感温度が15℃は下がったように感じている、とのことで地下書斎のカラス窓が第二期目の追加工事となった次第です。

ところで、今回の工事依頼は近隣の高級カーテン販売店主を介したものでしたが、吹き抜けの天井部分から約10m高さの厚手の高級カーテンが吊られています。クールダンGXは紫外線を100%遮光するため、今後日焼けによる劣化を避けられる事でしょう。